【相性体験談】私はどSな性格なので、指示をされるだけでも不快なので、、、

私は女性には珍しいようですが仕事人間で仕事に没頭するとプライベートな時間も仕事のことを考えてしまうので、なるべくプライベートは彼との時間をゆっくり楽しみたく結局月に1、2度のデートになることが多かったです。

その為、彼氏から「仕事と俺とどっちが大事だ!」と言われて関係を終わらせることがしばしばでした。

一時期、そういったことに疲れてしまいSNSで知り合った人と交際ではなく一夜限りの関係を楽しむ時期がありました。
ある時、タイ人の方と知り合い食事をしようということになりました。

向かい合う席を囲まれているような半個室のような居酒屋でしたが、パーテーションなどはなくお互いの顔は見えるようなお店でした。

食事が進みお酒が入ると彼がスイッチが入ったようで、隣においでと言うので向かいから隣に移動するとお酒を口移しに飲ませてきて、そこから激しいディープキスになりました。

私が今までお付き合いした方とのキスは「愛し合っていることを確認するコミュニケーション」という意味合いが強かったですが、彼のキスは凄いテクニックでどうしたのか分からないですがただひたすら気持ちよかったのだけは覚えています。

彼は周りの視線などはお構いなしの様子でそのままキスを続けていましたが、そこは日本の居酒屋さん。
周囲のお客様から「おいおい」「ホテル行けよ」等の声に私は恥ずかしくなりそのままホテルへ。

 

彼は私の服だけを脱がせるとまたあのキスをしてきました。
すっかり腰が抜けそうなほど感じた私を押し倒して四つん這いにさせ、彼はズボンを下ろすだけで挿入してきたのですが、その時に突然私のお尻を叩きながら「良いだろう!」と言ってきました。

 

私はどSな性格なので、指示をされるだけでも不快なので、エッチの最中に叩かれるなど感じるはずもありません。
彼は興奮していたようですぐに達してしまいましたが、私はキスが良すぎたこととのギャップもあり、全く気持ちよくなくがっかりして帰りました。
その後、その彼とは一度も会っていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です